ハナヘナ取扱店・DOS商品取扱店・個室でマンツーマン施術美容室

薬剤での危険行為!

2019/07/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ヘアーサロンFellowの責任者で このブログの管理者です

どう~もです 😛

 

 

今日は

気になる記事を見つけたので

その記事の内容について

私個人の考えを

書いていきます♪

 

 

↓クリックをお願いします(笑)

働くヒトランキング
 

 

 

*記事元の記事が

大人の事情??

削除されているので

一部抜粋して書いていきます

 

↓以下記事抜粋

頭髪用パーマ液を

「まつげパーマ液」

として別の容器に移して

販売したとして

医薬品医療機器法違反容疑で逮捕

 

頭髪用パーマ液というのは

我々美容師が

パーマや縮毛矯正等の時に使用する

薬剤の事です(笑)

 

多くの美容師が

知っている事実で

昔から今に至るまで

まつ毛用のパーマ液は

 

存在しないはずです!

 

それじゃ

まつ毛パーマで

使用されている薬剤はというと

ストレートパーマや

縮毛矯正の施術時に使用する

 

頭髪用の劇薬薬剤です!

 

それで

何が問題なのかというと

我々美容師が

ストレートパーマや

縮毛矯正等の劇薬

使用する時には

なるべく

頭皮に付着しないように

慎重に扱う位に

劇薬なんです!

 

そんな劇薬な薬剤を

皮膚の厚みが

頭皮の半分位の薄さの

まぶたや目元付近に

使用するって

 

非常~に

 

危険じゃないですかって話!

 

それと

↓以下記事抜粋

2016年1月~今年の2月の

約2年間で

約3億2千万の売上があった!

 

頭髪用パーマ液を

違う容器に入れ替えて

それをネットで販売して

この売上は凄いよね!

 

まつ毛パーマの運営者は

業者から薬剤を購入するので

一般の方が

薬剤を購入しているのかな?

 

そして

 

↓以下記事抜粋

全国の消費者生活センターに

寄せられた相談件数は

実はここ数年では

減ってきています。

 

この情報からも

一般の方が薬剤を購入して

自分でまつ毛パーマを

施術している感じが・・・!

 

私が

お客様から聞いた話でも

ママ友の中に

自宅に招いて格安で

まつ毛パーマを

施術している方が

チラホラいるようですね!

 

まつ毛パーマや

まつ毛エクステ

これらを施術すると

劇的に!?

見た目が変化する事から

根強い人気があるようですが

皮膚の薄い

まぶたや目元付近に

接着剤劇薬

塗布する行為は

非常~に

危険だと思います!

 

ホワイトブリーチが

流行っていた時

原宿界隈の美容室で

薬事法違反の劇薬を使用して

お客様の髪を

脱色している最中に

 

薬剤がお客様の目に入り!

 

お客様は失明・・・。

お店は閉店!

薬事法違反なので

保険も適用外!!

 

髪への施術中でも

目に入る可能性があるのに

まぶたや目元付近に

劇薬を塗布するのは・・・!

 

まっ!

最終的には

自己責任の話になりますね。

 

 

↓ご予約やお問い合わせはこちらからお願いします。

✉ xyz6102@yahoo.co.jp

 

↓もしくはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ヘアーサロンFellowの責任者で このブログの管理者です

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です