ハナヘナ取扱店・DOS商品取扱店・個室でマンツーマン施術美容室

ヘアカットの料金についての話

2020/02/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ヘアーサロンFellowの責任者で このブログの管理者です

どう~もです 😛

 

 

今日は

気になる記事を見つけたので

私個人の意見も含めて

書いていきます♪

 

 

↓クリックをお願いします(笑)

働くヒトランキング
 

 

↓気になる記事

「1000円カットは身なりがどうでもいい人のもの」投稿に反発相次ぐ

 

↓以下記事抜粋

はてな匿名ダイアリーには1月上旬、

「大人で1000円カットを使う人間がいると知ったのは衝撃だった。」

というエントリがあった。

投稿者の年齢や性別は不明だが

「ああいうのって子供とかもう身なりなんてどうでもいい老人が行くものだと思ってた」

とだけ書いてある。

 

低価格な外食チェーン店の

牛丼・ハンバーガ等

大人も食べるでしょ!?(笑)

時間や経済的な事情で

どうでもいい!

と思いながら食べているかは

分かりませんが(笑)

 

 

↓以下記事抜粋

「顔そりも洗髪もいらないんで千円カット重宝してます」

短い投稿だったが反響は意外に大きく

ブックマークは400以上ついた。

「都心では平日の夜はサラリーマンの行列できてるよ」

「最近おばさんも結構来てる」など

1000円カットは大人も当たり前に行くというツッコミや

1000円カットを擁護する声が多数上がっている。

「顔そりも洗髪もいらないんで千円カット重宝してます」
「割とどうでもいい雑談に小一時間つき合わされた上、

頼んでもないのに髪を洗われ、髭も剃られ、

それで何千円も支払う方がよほど苦痛なんだよなあ」

といった床屋嫌いあるあるも散見されていた。

昼休みや仕事帰りに短時間で済ませられる上

技術力はバカにしたものではなく、

「当たり外れがあるのは高い美容室でも同じ」

といった意見も多かった。

 

 

低価格=技術力が低い

高価格=技術力が高い

 

これは間違いです!

 

1000円カットのスタッフでも

 

凄腕の手練れ技術者が

 

なぜか?

働いている事があります(ごく少数ですが)

 

手荒れ(1000円カットはシャンプーなし)

 

家庭やお金の事情で

しょうがなくとかね・・・。

 

逆に

青原地区の(青山・表参道・原宿)

10000円位のカット料金でも

 

なぜか??

 

ド下手美容師がいます!(普通にいます)

 

という事で

ヘアカットの料金は

技術力のあるなしではなくて

 

お店の都合で決まっています!

 

・店舗の家賃(オーナーのタワマンの家賃も)

・人件費(オーナーの高給と飲食代も)

 

などなど(笑)

 

ちなみに

1000円カットも

2019年2月に

1200円に値上げしました

 

万年人手不足な美容業界なのに

ここ数年

日本全体が人手不足になり

求人掲載料や消費増税

そして

スタッフの報酬を上げて人材確保の為に

これも

お店の都合ですよね(笑)

 

という事で

料金でお店の良し悪しは

分からないと思います♪

 

以上が

気になる記事でした。

 

 

↓ご予約やお問い合わせはこちらからお願いします。

✉ xyz6102@yahoo.co.jp

 

↓もしくはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ヘアーサロンFellowの責任者で このブログの管理者です

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です