ハナヘナ取扱店・DOS商品取扱店・個室でマンツーマン施術美容室

美容業界の人手不足の話 ③

2018/09/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ヘアーサロンFellowの責任者で このブログの管理者です

どう~もです 😛

 

この間

私のお客様から

 

美容業界の

人手不足の記事の

キャッチ画像は

何故ヒマワリなの?

 

こんな事を言われました(笑)

この写真は

今年の8月の猛暑の時に

ヒマワリが

沢山咲いている所に

私が行きました

ヒマワリだらけでしょ(笑)

その時に

私が撮った写真です

 

あっ!

インスタ女子が

沢山いました(笑)

 

そして

思ったのが

こんなに沢山

ヒマワリが咲いていても

1本1本の良さは

分かりませんよね?

特に奥の方はね

なんか

沢山あり過ぎる美容室に

似ているなと思いましてね

美容室の検索サイトを見ても

沢山あり過ぎて

1店舗1店舗の良さなんて

分かりませんよね??

手前のヒマワリしか(美容室も)

皆さんも見ないでしょ?(1~2頁位しか)

 

それが

キャッチ画像にした理由です(笑)

 

 

↓クリックをお願いします(笑)

働くヒトランキング

 

 

ゆる~く書くつもりが

まさかの

3記事目(笑)

今日は

ほぼほぼ

同業者の

美容師向けの記事です

 

↓この記事の続きです

美容業界の人手不足の話 ②

 

今月の初めに

たまたま見た

QBハウスが

人手不足が原因で値上げ

この記事内に

ある経営コンサルタントの

見解も書いているのですが

↓ある経営コンサルの意見を抜粋

美容業界は徒弟制度が一般的で

少子化により

このビジネスモデルも危うくなり

近年は人手不足が

最大の廃業理由なのです

カリスマ美容師ブームの頃は

“憧れ”で人が集まりましたが

カリスマ性だけでは経営できない。

今後美容室が伸びていく上で

重要な戦略は『経営の多角化』(〇カの1つ憶え!)

ヘアカットだけでなく

マツエク、ネイル、エステ、

飲食を含めたインナービューティなど

“専門店の集合体”として展開すること。(学習能力が無いとも言う)

職人気質の美容師には

抵抗があるかもしれませんが

異業種参入も増えており

閉塞感を打破する

起爆剤となる可能性があります

 

ねっ!

きな臭~いでしょ??(笑)

 

お客様を施術するのに必要な

美容師免許

お店を管理運営するのに必要な

管理美容師免許

この国家資格制度が

廃止にならないかぎり

異業種からの

大量参入はありえません!

そして

この国家資格制度がある限り

 

有資格者しか

美容師にはなれないので

誰でも彼でも働けません!

という事は

人手不足は

簡単には解消しませんよ!!

 

なので

今後

独立開業予定の美容師さんは

店舗規模を小さく

少人数での営業にした方が

いいと思いますよ(笑)

 

そして

方向性に迷っている

美容室経営者の方も

移転するなりで

店舗規模縮小して

少人数での営業に切り替えて

なるべく

施術メニューを減らして

何か特化したメニューを

作るといいと思います

そんな感じで

大胆に転換した結果

いい状態で営業している店を

チラホラ

見かけるんですよねぇ~♬

 

↓ご予約やお問い合わせはこちらからお願いします。

✉ xyz6102@yahoo.co.jp

 

↓もしくはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ヘアーサロンFellowの責任者で このブログの管理者です

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です