ハナヘナ取扱店・DOS商品取扱店・個室でマンツーマン施術美容室

業務委託契約の美容室

2019/01/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ヘアーサロンFellowの責任者で このブログの管理者です

どう~もです 😀

 

今日は

ドス黒い

美容業界の話です♪

 

↓クリックをお願いします(笑)

働くヒトランキング
 

 

業務委託契約

 

あまり 皆様には

馴染みがないかもしれませんが

美容業界では 15年位前から

増えている雇用形態です

 

美容師という仕事は

休日が少なく

*月6~8日位

 

労働時間が長く

*営業時間が12時間位+練習時間

 

その割には給料に反映されません!

*ボーナスはありません

*オーナーだけはいい生活をしている!

 

今でいう ドス黒い

ブラック企業!

これが大半です

 

そんな アホ経営者に

「搾取されたくない!」

そんな感じで 年々

業務委託系美容室に

人材が流れているのが現実です

 

業務委託系美容室の特徴は

出勤日や勤務時間は自己申告

*細かな決まり事がある店もある

 

お客様はお店が集客してくれる

*ホットペッパービューティー等で

*カラー+カット¥4000以内が多い

 

報酬は日払い

*指名客50%フリー客40%等で報酬計算する

 

・稼ぎたい人は好きなだけ稼げて

・休みたい時に好きなだけ休める

 

自分の時間の使い方や

働き方を自分で選べるのです

 

それで

運営側のメリットは

従業員の給料という

固定費が ほぼなくなり

*売上がなくても支払うのが固定費

 

完全歩合制なので

変動費になります

*売上の〇%を報酬で支払う

 

気を付ける事は

材料費

施術料金が安いから

材料費率が高くなります!

それと

人材確保

安い施術料金で沢山集客しても

施術する美容師がいないと

営業が成り立たなくなるので

各店舗

報酬の歩合比率を上げて

美容師の奪い合いをしています

元々 お店に愛着等はなく

ただ

「お金を稼ぎたい!」

という理由で

業務委託契約美容師になる場合が

多いですから

他店の報酬歩合比率の方が高いと

簡単に 店を移るのです!

 

そして

更なる問題は

お店を借りて

リクルートと掲載契約を結べば

*ホットペッパーの掲載が重要になります

美容師経験が少なくても

業務委託系美容室を

運営出来てしまうのです!

*美容師以外が運営している店もあります

 

なので 数年間

業務委託系美容室で働いて

数百万円の現金を作り

業務委託系美容室を

独立開業する美容師が多いのです!

*他業種に比べて必要な資金が少ないのが美容業界

 

そうなると

ただでさえ人手不足な業界なのに

美容師が足りません・・・!

 

そこで

業務委託系美容室の運営者は

ありとあらゆる手段で

人材を確保しようとするのです

 

続く・・・。

 

↓ご予約やお問い合わせはこちらからお願いします。

✉ xyz6102@yahoo.co.jp

 

↓もしくはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
ヘアーサロンFellowの責任者で このブログの管理者です

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です