DO-S商品取扱店 ハナヘナ商品取扱店 竹下通りの隠れた個室美容室 マンツーマン施術美容室

残留薬剤の危険性を毛束で実験♪

2020/06/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
イタバシ
良い事も悪い事も 真実のみを伝えていきます その為に 真実のみを日々追求しています。

どう~もです 😛

 

今日は

毛束での実験を

書いていきます♪

 

 

↓クリックをお願いします(笑)

働くヒトランキング
 

 

 

↓こちらの記事で

絶対に必要な残留薬剤の除去

 

説明文を書きましたが

写真の方が分かりやすいので

毛束を使用して

実験をしていきます♪

 

お客様から

提供して頂いた毛束

これを

2つに分けて

水巻で

ワインディングして

使用薬剤は

1剤=DOSカールL9

2剤=DOSオキシ1.5

スポイド水洗して

デジタルパーマを施術します

 

そして

2つに分けた毛束の

片方だけに

この3種類を使用して

残留薬剤を除去しました♪

右側の輪ゴムの毛束のみに

残留薬剤除去をしました

 

ここからが

実験の本番ですよ~(笑)

 

この後

この毛束に

ライトナーという

ヘアカラー剤の中では

強力な

ヘアカラー剤の

1剤のみを塗布します

通常は

カラー剤の1剤のみでは

髪色に変化はありませんが!

デジタルパーマ施術時の

薬剤が(オキシ)残っていれば

髪色が明るくなります

 

なぜか!?

 

ヘアカラー剤を施術する時は

1剤(カラー剤)+2剤(オキシ6%)を

混ぜて塗布するのですが

 

実は

デジタルパーマの2剤も

過酸化水素(オキシ)の場合が

多いのです!

 

という事は

デジタルパーマの施術時の

2剤(オキシ)

髪の中に残留していると

ヘアカラー剤の1剤を塗布すると

薬剤が反応して

髪色が明るくなるのです(笑)

 

なので

これのみを(1剤)

塗布しました

放置後

シャンプーして

何も付けずにハンドブロー

右側の輪ゴムの毛束は

残留薬剤の除去をしています

 

左側の毛束は

残留薬剤(オキシ)とカラー剤(1剤)

薬剤反応を起こして

髪色が明るくなっています!

これが

薬剤施術後に

何もしないと

薬剤が残留している

 

証拠です!

 

ちなみに

デジタルパーマで使用した

2剤濃度は(オキシ)

1.5%です

通常の

ヘアカラー施術時に使用する

2剤濃度は(オキシ)

6%です!

 

2剤の濃度が4分の一なのに

こんな感じです・・・。

 

このように

髪の中に

残留薬剤が残っている状態で

髪の表面に

被膜でふたをする事が

良い事なのか!?

 

皆様

よ~くお考え下さい。

 

 

◆予約をする際に教えてほしい事◆

 

●ご希望の来店日時

*ご希望の施術終了時間がある場合は

事前に教えて下さい

 

●ご希望の施術メニュー

*施術メニューを相談の場合は

現在の髪の状況や悩み等を教えて下さい

 

そして

施術の終了時間を勝手に決めて

タイトにスケジュールを入れるのは

危険ですので控えて下さい。

髪型や髪の状態などで

施術時間は一定ではありません

特に

初来店時や

来店回数の少ない方には

カウンセリングの時間が

長めになります

 

施術時間+カウンセリングの時間

 

ご協力をお願い致します。

 

 

ご予約やお問い合わせは

↓こちらからお願いします。

✉ xyz6102@yahoo.co.jp

 

↓もしくはこちらから

この記事を書いている人 - WRITER -
イタバシ
良い事も悪い事も 真実のみを伝えていきます その為に 真実のみを日々追求しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 明治神宮前・原宿 Fellowの施術日記 , 2020 All Rights Reserved.